タンゴのためのリズムトレーニング

2010年からタンゴというペアダンスを趣味で踊っています

わかったことは、踊るって難しい、さらにペアダンスはもっと難しいです

私たちは、視覚情報に慣れきっているので音(聴覚情報)を認識するのは難しいのです

なので、音楽の師匠(音楽の専門学校の講師)から「音の捉え方」を学びました

その経験から「タンゴのためのリズムトレーニング」のクラスを週2回開催しています

水曜クラス

時間:19:30 - 20:30 

対象:男女分けたクラスが毎週交互に開催されます

人数:4名限定

 

【2020年の予定】

5月27日(水)男性向け

6月 3日(水)女性向け
6月10日(水)男性向け
6月17日(水)女性向け

6月24日(水)男性向け

日曜日クラス

時間:11:00 - 12:00 

対象:初心者向け(男女ともに参加可)

人数:4名限定

料金

2,000円(税込)

音を「理屈」で理解する方法

  1. 音に関して「理屈」を頭で理解する
  2. 「理屈」に基づいたエクササイズを繰り返す
  3. 今まで感じられなかった感覚を認識して、その変化を面白がる
  4. 1. に戻る

タンゴにおける耳のレベル

タンゴの「耳のレベル」は以下の4段階に分類できます
このクラスでは、「Level1」の方を、「Level 2」か「Level 3」に引き上げることが目的です
通常、半年通うと「Level 2」になり、1年通うと「Level 3」になります
「Level 4」になれるかどうかは、ご自身の努力と「良いタンゴの先生」との巡り合わせです

  • Level 4:踊る
  • Level 3:音に合っている
  • Level 2:なんとなく音に合っている
  • Level 1:音に合っていないことに気付けない

例えると

英語の「R」と「L」の発音を無意識に聴きわける人と同じ様に、「無意識下で正確にテンポがとれるようになること」が大切です

再開の経緯

2019年8月まで、月曜プラクティカ@高田馬場で開催していた「タンゴのためのリズムトレーニング」を再開してほしいとの要望を複数いただきまして、2019年12月25日(水)から再開することにしました

ミュージカリティの課題

ミュージカリティに課題がある方は以下のどちらかのタイプです

  • 音が聴こえているけど身体が動かない
  • 音を聴く概念が無いけど身体は動く

おまけ

ミロンガ(タンゴのダンスパーティー)で「(私が思う)イケてるタンゴ女子」の10名ぐらいにアンケートをとりました


Q.「音に合っているタンゴ男子ってどれぐらいいますか?」

 

【アンケート結果】

  • 20%:(多く見積もって)音に合っているタンゴ男子
  • 20%:なんとなく音に合っているタンゴ男子
  • 60%:音に合っていないタンゴ男子

→この現実を「理屈」を持って改善することに挑戦します